(ミントC!Jメール)出会いにつながるメッセージ事例と返事が来ない時にやること

MENU

(ミントC!Jメール)出会いにつながるメッセージ事例と返事が来ない時にやること

Jメールに登録して気になる人にメッセージを送ったのになかなか返事がこないということはありませんか?実は、返信がないのはメッセージの書き方に原因があるからかもしれません。

 

この記事では、出会いにつながるメッセージ事例を取り上げ、心がけるべきポイントを紹介します。また、返事が来ない時に改善できる分野についても取り上げます。

 

ぜひご自身のメッセージやプロフをより良いものとする参考になさってくださいね。

 

出会いにつながるメッセージ事例

Jメールを開始したのに、なかなか出会えないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。実は、それにはメッセージの送り方が強く関係しているんです。

 

この項では、出会いにつながるメッセージ事例を紹介していきます。自分の送っているメッセージが無視されてしまったり、メッセージのやり取りが長続きしなかったりする場合は、以下の情報を活かして、自分のメッセージに改善できるところがないか考えてみてくださいね。

 

挨拶と自然な流れでのメッセージが大切

人間関係における第一印象が、次に会いたいかどうかを左右するのと同じで、最初のメッセージの印象がどうであったかが、出会いにつながるかどうかを左右します。

 

実際の人間関係であれば言語によらないコミュニケーションが取れるので、より多くの情報を得えられ、言葉の量は問題にならないことがあります。

 

その人が初対面で何を言ったかということよりも、どのような姿勢であったかということや、表情、身なり、挙動などから印象が決まることが多いからです。

 

しかし、インターネット上での出会いの場合には、相手から届いたメッセージと、プロフィールを閲覧する以外に印象を左右するものがありません。そのため、最初のメッセージで良い印象が与えられるよう、文面や言葉づかいをよく推敲すべきです。

 

そのためには、初めの挨拶をしっかりすることと、丁寧な言葉遣いを心がけること、自然な雰囲気のメッセージを作成できるよう意識しなければいけません。

 

例えばこのようなメッセージが考えられます。

 

「はじめまして!わたしは○○といいます。突然のメッセージ失礼します。プロフの○○と魅力的な笑顔に惹かれて連絡させていただきました。もしよろしければ……」

 

上記のような書き出しから始めると、丁寧な挨拶とクッションワードを使用した、印象の良いメッセージになります。

 

また、メッセージを送った理由についてもはっきりと述べることができているので、相手が困惑することのない親切な内容になっています。

 

会話が続いた時もすぐに会いたいと切り出したり、LINEの交換を求めたりせず、自然な流れの会話を楽しみましょう。

 

すぐに会うことを希望したり、LINEの交換を求めたりするのは、業者であることを疑われてしまうこともあるからです。

 

余裕のない人よりも余裕のある人のほうが魅力的に映るものなので、ゆったりと構えて、会話の雰囲気を楽しみましょう。

 

趣味の話題 → デートで一緒に行く

会話が楽しめる段階になったら、相手や自分の趣味の話題に触れるようにすると良いでしょう。趣味次第では、デートの約束に自然につなげられるからです。

 

例えば、相手の趣味が「カフェ巡り」である場合には、カフェ巡りの話題を楽しんだ後で「近所におしゃれなカフェがあるんだけど、一人で行くのが恥ずかしくて…良ければ一緒に行きませんか?」などと、自然にデートの約束をする流れになります。

 

同様に相手の趣味が「音楽鑑賞」ならライブに、「アウトドア」ならバーべキューに、「アニメ」なら映画などでデートに誘うきっかけとなります。

 

プロフの自分の趣味の欄にデートに誘いやすい趣味を設定することも効果的かもしれません。気を付けなくてはならないのは、デートに誘うことばかりに思いが向いてしまって、相手の話をないがしろに聞いてしまったり、話を早く終わらせようとしたりすることです。

 

相手の趣味をほめたり、楽しさを共感していることを表現しながら、会話を楽しみましょう。

 

SNSのアカウントがあることを話すのもあり

相手とのメッセージのやり取りが楽しく、何通も今後やり取りが見込める時や、お互いの信頼関係ができて会う約束までこぎつけた時にはSNSアカウントの連絡先を交換することも可能でしょう。

 

ただし、あまりにも早く提案すると業者と間違えられることもあります。あくまで信頼関係を築いてからにしましょう。

 

また、相手から来た最初のメッセージにLINEアカウントやFacebookアカウントが載せられている場合にはほぼ100%業者ですので、無視して運営に通報しましょう。

 

返信が来ない時にやるべきこと

どんなに丁寧にメッセージを送っても返信が来ないという時もあるでしょう。でも落ち着いてください。まだできることがあります。

 

返信がこない時には、プロフに改善が必要か、メッセージにさらに工夫が求められているのかもしれません。以下にその点を詳しく紹介していきます。

 

魅力あふれるプロフ写真を追加・変更

丁寧なメッセージを送っているのに返信がなかなか来ない時には、相手がプロフを見て、返事を送るのをためらってしまったのかもしれません。

 

プロフの文面も大切ですが写真の与える印象も相手がどう感じるかを大きく左右します。写真が魅力的なものであるかどうかを再確認しましょう。

 

魅力的に映る写真は、どれも自然な笑顔で写っているものです。さらに、手抜きな雰囲気を与えないような服装や身づくろい、ロケーションの選考も大切です。

 

薄暗い自宅の洗面所で撮った自撮り画像を使っているようなときは、今すぐ変えましょう。明るい室外や、室内で自然な笑顔で写っている写真を探すか、無かったら撮りに行きましょう。

 

その際は清潔感や誠実さが伝わるように髪形や衣服に気を付け、男性ならできるだけ白かブルーのトップスを着て撮りましょう。

 

その色がよりさわやかで誠実な印象を与えられるからです。プロフ写真を設定していないという場合も、マッチング率がかなり下がるので、早めに設定しましょうね。

 

余計にメッセを繰り返してもムダ

返事が返ってこないということは、自分に関心がないということです。余計なメッセージの追加送信は相手の迷惑になるだけなのでやめましょう。一度無視されたら、ほぼ100%その人とは無理です。残念ですが、ムダな努力はやめてほかの人を探しましょう。

 

自己紹介を改善するのも大切

最初のメッセージのしっかりした挨拶が大切だ、と述べましたが、しっかり自己紹介と挨拶をしても反応がない場合には、自己紹介文に更なる工夫が求められるのかもしれません。

 

必要なことをすべて述べることも大切ですが、述べる順番にも気を配りましょう。もしウケのいい仕事をしている場合には、名前より先に書くと良いでしょう。

 

例えば「スポーツインストラクターの○○です」とか「イタリアンシェフの○○です」とか「歯科衛生士の○○です」などがその例です。

 

その場合は、使う写真も制服を着て仕事をしている姿などにして説得力を強め、インパクトを残しましょう。さらに、ユーモアもまじえて、クスっと笑えるような一言を添えるのも良いでしょう。

 

メッセージやプロフを改善して、Jメールでのマッチングを満喫してくださいね!

 

ミントC!Jメール

(ミントC!Jメール)出会いにつながるメッセージ事例と返事が来ない時にやること

一味ちがうメッセで出会いにつなげる!

↓↓↓↓↓