(PCMAX)プロフ写真と自己紹介の作り方&書き方のコツ

MENU

(PCMAX)プロフ写真と自己紹介の作り方&書き方のコツ

PCMAXに限らず、出会い系アプリにおいてプロフ写真と自己紹介文は、その人を最初に判断する第一印象のようなものになるので、プロフィールがすべてを左右すると言っても過言ではありません。

 

つまり、異性としっかり出会いたいのであれば、プロフィールをしっかり充実させることがポイントです。では、魅力的なプロフ写真と自己紹介文の作り方&書き方のコツをご紹介しましょう。

 

出会いにおいてプロフ写真が一番大切

プロフ写真を掲載していないユーザーに、メッセージを送りたい!と思う人はいません。PCMAXは相手がわかる情報が充実していますが、プロフ写真に勝るものはありません

 

つまり、ネット上の出会いにおいてプロフ写真は最も大切なのです。特にPCMAXのような出会い系アプリを利用する場合、プロフィールに使う写真によって異性に与える印象が異なってきます。

 

では、どんな写真は男性ウケがいいのでしょうか?プロフ写真に自撮り写真を使っている人は多いのでしょう。自分が一番かわいい表情を何度でも撮り直すことができるので、最高の自分を表現できると思っているのかもしれません。

 

しかし、自撮りはアピール感がありすぎて、その頑張っている感がイタイのです。また、アニメのキャラは男女問わずオタク感を演出するので、恋愛には不利になります。

 

では、男女別でモテるプロフ写真のコツをご紹介しましょう。

 

プロフ写真はリアルにしつつ盛る

男性がモテやすいプロフ写真のコツは何でしょうか?

 

それは下記の4つです。
①笑顔の写真であること
②上半身や下半身まで写っている写真であること
③写っている写真から趣味が分かること
④自撮りやSNOWは女性ウケが悪いので載せないこと

 

1枚目のプロフ写真は、相手に好印象を残せる笑顔の写真を載せることがポイントです。

 

そして、2枚目以降のサブ写真には、上半身や下半身まで写っている写真や趣味が分かる写真を載せることで、自分の体型や雰囲気を相手に伝えることができます。

 

服装からもどのような人なのかが伝わるので、オシャレな私服か無難なスーツ姿がおすすめです。さらに男性の自撮りやSNOWの写真は女性ウケが悪いのでアップするのは控えましょう。

 

では、女性が男性からモテるのはどんな写真でしょうか?それは下記の4つのポイントがあります。

 

①顔がはっきり分かる写真であること
②オシャレな服装で全身が写っている写真であること
③露出度が高い写真であること
④加工感が出ない程度に修正してあるリアル感のある写真にすること

 

男性は女性よりも外見を重視する傾向があるので、1枚目の写真は顔がはっきり分かる写真にしましょう。

 

2枚目以降のサブ写真は、全身が写っていることで自分の体型や雰囲気を伝えられます。また、露出度が高い写真を載せると出会える確率もアップするでしょう。

 

また、加工感がでないよう少し盛ることで、好印象与えることができるので、ステキな出会いにつながります。

 

自己紹介は個性を出すべき

PCMAXで異性に興味を持ってもらうためにはプロフィール、特に自己紹介文を充実させることが大切です。

 

プロフィールの情報が少ないと相手は不安を抱き敬遠するので、相手の不安を取り除くためにもすべての欄を埋めることがポイントです。その際、個性のある自己紹介文を作りましょう。

 

PCMAXでは500文字まで自己紹介文を書くことができますが、あまり長すぎると相手が読む気をなくしてしまう可能性があるので、相手が読みやすい300文字以内におさめることがコツです。

 

まずは挨拶からはじまり、自己紹介、共通しそうなキーワードを盛り込んだ趣味、相手に望むこと、そして、終わりの挨拶でしめましょう。

 

ピュアでもアダルトでも、プロフィールは誠実さが一番大切なので、嘘やネガティブな発言は控えましょう。

 

プロフ写真はSNOWや横顔も生かして

プロフ写真選びは、その後の出会いを左右する一番大切なものです。しかし、ユーザーの中には、自分の写真を思いっきり載せたくない・・という人もいることでしょう。

 

そんな場合は、SNOWや横顔を生かした写真を載せることができるかもしれません。プロフ写真では服装やヘアスタイルなどの全体の雰囲気が伝われば良いので、遠目からの全身写真を載せることができるでしょう。

 

また、片方の目が見えるくらいの横顔写真や、目を伏せたうつむき加減の写真でも雰囲気を伝えることができます。さらに女性は、SNOWで少し加工した写真でもOKです。

 

本気で出会いたいなら出没場所を書く

本気で出会いたいなら、相手があなたに会いたくなるような衝撃や印象を与える必要があります。つまり、それはプロフィールにすべてがかかっています。

 

実際に会うことを想定すると、自分が住んでいる地域や出没場所を記入することで出会いの確率を高められるでしょう。なぜなら、PCMAXは会員数が多いといっても、もし田舎に住んでいるのであれば、大都市に行くまでに時間がかかるからです。

 

都会に住んでいるなら自宅周辺、田舎に住んでいるなら県庁所在地付近の地名を記入して、自分が訪れられる場所を教えることで、その付近に住んでいる異性との出会いにつながるでしょう。

 

よくいく大型モールや最寄り駅を書いてみる

自己紹介文に自分がよく利用する大型モールや最寄駅など具体的な情報を記入すると、その付近に住んでいる異性からメッセージももらえるようになるでしょう。

 

本気で異性との出会いを求めているなら、住んでいる場所が近いほうが便利で、すぐにでも会うことが可能です。自分の理想の相手をプロフィールで見つけても、電車や飛行機などの交通機関を使わないと会えない距離の相手であれば、現実的ではありません。

 

そのため、自分が出没しそうな場所を具体的に書くことは出会いの幅を広げるのでおすすめです。

 

自己紹介で趣味や特技、ハマっていることを書く

自己紹介文で趣味や特技、ハマっていること、興味のあることなどを書くと、同じ価値観を持つ異性と出会う確率が上がります。共通点があれば話も盛り上がり、交際へと発展する可能性もあります。

 

そのためには、出来るだけ具体的に記入することがポイントです。その際、ひとつの点に絞りましょう。あまり長々と書くと読むのが大変なので、読んでもらえなくなってしまいます。

 

ひとつの点をアピールして、親近感をアップさせるようにしましょう。自分の趣味を全面に出した自己紹介文にすると、その趣味をもっている相手以外からは全く相手にしてもらえなくなってしまいます。

 

多くの異性との出会いを求めているなら、どんなことを書くにしても、読み手の異性のことを考えて記入することを忘れないようにしましょう。そして、異性に好印象を残せる紹介文を完成させましょう。

 

オタクなら堂々と書いたほうが好印象

オタクの人は、異性から距離を置かれる傾向があります。しかし、PCMAXユーザーの中には、オタクの人も利用しています。

 

そのため、最初から自分がオタクであることを明らかにすることで、同じオタクの異性との出会いを容易に見つけられるでしょう。つまり、自己紹介文に自分がオタクであることを堂々と記入することがポイントです。

 

また、自分がオタクであることが一目で分かるプロフ写真を掲載しても良いでしょう。そうすることでオタクのジャンルも伝えられるでしょう。

 

いずれにしても、オタクであることは恥ずかしいことではないので、あえて隠す必要はありません。オタクであることを堂々とアピールすると、あなたにピッタリの異性が見つかるでしょう。

 

PCMAX

(PCMAX)プロフ写真と自己紹介の作り方&書き方のコツ

プロフが決め手!

↓↓↓↓↓